小さな町工場(共栄化成)で働くということについて

小さな町工場で働くということは、色々ご不安をお持ちかと思います。弊社の50年の歩みを振り返りながら、小さな町工場と大企業の就職先としての比較をしてみたいと思います。

大企業は例えるならライオンです。力強い肉体(巨大資産)を持ち、強い牙(エリート社員達)があり、他の動物から恐れられ、尊敬されています(世間から信用がある)

町工場はネズミなどの小動物でしょう。ライオンの周りをうろついて、その庇護を受けながら食べ残し(下請け企業)で生きています(酷い例えですね、あくまでも比喩です)

しかしネズミにも強味が在ります。災害時(不景気)に強いということです。ライオンはその巨体を支えるためにはより多くの餌を必要とします。大企業の資産(維持費が高額)、優秀な社員(高給であり、退職金等企業の負担が大きい)は、不景気時には逆に企業を圧迫する要因になりえます。

金融危機(大手都銀の合併劇)やリーマンショック(巨大百貨店の相次ぐ廃業)、韓国、台湾企業の追い上げ(日本を代表していた家電企業の衰退)最近ではコロナ禍(旅行代理店、航空産業の危機)等がその例かと思います。

その点ネズミはその小ささ故に災害時には強いです。身軽さ故に、他業界へのシフトが容易です。

弊社の歩みで言えば、バブル期迄ははSANYOさんSONYさん等テレビ関連部品の生産がメインでした。バブル崩壊後は電設資材の成形、組み付けにシフト、リーマンショック時には塩ビ水道管部品、アジア企業の追い上げ時にはTOTO、LIXIlさん等サニタリー用途にメインを移し、コロナ禍では無印良品さんの巣ごもり需要関連商品が倍増しています。去年も含め30年弱は基本黒字、無借金経営です。気になる収入面では、先に述べた大企業のような高給(年収1000万)は今のところちょっと難しいですが、弊社の社員さんの平均年収は世間平均値は恐らく超えている筈です。社員数が少ない故に、会社の利益還元が大企業と比べ容易かと思います。

もちろん弊社が特別優秀だったということは全然有りません。最大の要因は取引先様にとても恵まれていたということです。しかしながら小さな町工場という立ち位置の優位性が大きかったと振り返って痛感しています。改めてですが小さな町工場を就職先に選ぶというのは決して妥協ではないと申し上げたいです。

 

 

私たちと一緒に働きませんか

日本に来てまだ数年ですが、仕事はいつも笑顔で頑張っています

子育てに仕事に忙しい日々ですが、毎日楽しく働けています

ものづくりの仕事は難しくもあるけど、やりがいも充分感じれます

最近夢のマイホームを建てられました

入社して20年になります。主婦にとって働きやすい職場で助かります

子供の行事予定で休みが取れるのででとても働きやすいです


最近結婚出来ました!

やったぜ!❣

入社15年、気が付けばあっという間でした

毎日楽しく働けています

そろそろ…

毎日楽しく働けています

いやまあ…

 

子育てとの両立がしやすい環境です

入社30年、気が付けばあっという間でした


採用実績校

関西学院大学、名古屋市立大学、愛知工業大学、中京学院大学、愛知文教女子短大

大垣女子短大、大垣養老高校、大垣工業高校、大垣商業高校、岐阜総合学園高校、寒川高校

名古屋市立工業高校、藍川高校、池田高校、大垣南高校、大垣西高校、大垣東高校,関高校

岐阜第一高校、平野学園、HANG HAI大学、TAYDO大学、HUNG YEN師範技術大学 MO DIA CHAT大学

SAO DO大学